Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ハロウィンて…
0
    いつごろから日本に輸入されたんですかね。

    日本人の宗教観とは無縁もいいところなのに。



    もちろん乗っかりますがね!



    posted by: やまや若旦那 | どうでもいいけどちょっと気になったこと | 23:04 | comments(0) | - |
    小遠見遊歩道整備
    0
      秋雨前線の合間を縫って、遊歩道整備のボランティアに行ってまいりました。

      遊歩道のベンチや木道の修繕が主な仕事です。冬季の雪の重みや滑りの威力は凄まじく、しっかりと補強・整備したそれらも何らかの被害を受けます…。

      壊れる→直す→壊れる→直す、の繰り返しです…が、めげずに毎年観光協会の仲間とせっせこと直しております( ̄^ ̄ゞ

      まだこれからお山に遊びに来られる方は、そんな汗と涙の結晶をご覧になって行って下さいませm(_ _)m






      posted by: やまや若旦那 | 周辺情報 | 23:36 | comments(0) | - |
      9月といえば…
      0
        早いもので明日で9月になりますね。やまやはおかげさまで怒涛の忙しさで風のように8月が吹き抜けて行きました…。

        遊びに来て下さったお客様に感謝申し上げますm(_ _)m

        ところで、9月と言えば皆さんは何を思い浮かべますか?

        やまやではレストランのブラックボードにその月々の「…といえば」のイラストをスタッフみんなで描いています。

        お食事にいらっしゃるお客様の目を楽しませることができたら、と一筆入魂で励んでおりますので、ぜひレストランで探して見てください(^-^)

        ちなみに明日からのイラストはこちらです。
        ↓↓↓

        posted by: やまや若旦那 | やまや情報 | 22:20 | comments(0) | - |
        水に流しませんか?
        0
          残暑見舞い申し上げますm(_ _)m

          白馬にも暑い日が戻ってまいりましたが(一時、暖房のスイッチを入れようか真剣に悩むくらい冷え込みました)、絶賛稼働中のものがあります。

          それは「流しそうめん」!


          これまた長年の夢だった代物ですが、ようやく導入の運びとなりました。最大展張で20m!ジャイアント馬場10人分です。

          やまやの流しそうめんの特徴としては、そうめん以外も流れます。自家菜園のプチトマトとかヌードルカッターでスライスしたキュウリとかお蕎麦とか…。

          今現在は学生さんの合宿のお昼ご飯で出番が多いですが、予約ページにてご案内している通り、一般のお客様でもご利用頂けます。予約フォームの備考欄に「流しそうめん希望」とお書き下さい。こちらから折り返しご連絡致します。

          ご希望があれば9月・10月までやっちゃいます。チェックアウト後のランチにいかがでしょうか?

          ぜひぜひ色んなものを水に流しちゃって下さいd('∀'*)

          posted by: やまや若旦那 | やまや情報 | 00:33 | comments(0) | - |
          健の路も一歩から
          0

            怒涛のお盆進行も終わり、ほっと息をついている今日この頃です。

            たくさんのご来客ほんとうにありがとうございましたm(__)m

             

            やまやの熟練スタッフたちの疲労もピークに達しておりますが、そんな時はコレ!

             

             

            みんなでお小遣いを貯めて買った「健の路」です。

            仕事が終わった後にこの上を歩くのが日課になっています。

            楽天通販の¥1700と侮るなかれ、次の日の足の疲れの残り方が断然ちがいます。

             

            この後にやまや温泉に入って体全体の疲れを癒して、また明日もがんばります!

             

             

            …余談ですが、若旦那も毎日乗っているのですが毎日睾丸のツボが痛いんですけど大丈夫でしょうか…。

            posted by: やまや若旦那 | やまや情報 | 21:45 | comments(0) | - |
            キャベツを食べに来る犬
            0
              やまやの敷地内には「ぴざかや」さんという居酒屋があります。ピザとパスタが美味しい地元でも評判のお店で、やまやから徒歩0分で行けますのでベロベロに酔っ払っても這って帰れます(笑)

              そこで飼われている「まりも」という名前の北海道犬の女の子がいます。

              散歩帰りにやまやの玄関に寄るのが習慣になっていて、いつからかおやつにキャベツをあげるのがお約束になっています。

              というか、キャベツを食べるまで帰りません( ̄▽ ̄;)

              その圧倒的な「キャベツくれ」の姿勢があまりにも可愛らしく、毎度毎度癒されています(^ω^)

              運が良ければ玄関でまりもに遭遇できます。その「キャベツくれ」「食べるまで帰りません」な感じをぜひご覧になって頂きたく思いますm(_ _)m





              posted by: やまや若旦那 | やまや情報 | 23:00 | comments(0) | - |
              おばQ
              0
                やまやの自家農園で収穫されたお化けきゅうり。

                略して「おばQ」

                撮影後はスタッフが美味しくいただきました。

                posted by: やまや若旦那 | やまや情報 | 23:58 | comments(0) | - |
                光明石温泉導入しました!
                0
                  と、いうことでやまやのお風呂が準天然の人工温泉になりました(^_^)

                  光明石という希少な国産石を湯船に入れることによって、天然ものと同等、もしくはそれ以上の効能が期待できます。

                  さすがにボーリングして(1m掘るのに1万円!)掛け流しと言う訳にはいきませんが、試しに入浴してみた所、お湯は少しトロミを帯び、上がった後もポカポカが続きます。
                  女性スタッフはお肌がツルツルになったと言っています(^^)

                  やまや渾身の温泉。ぜひぜひご入浴いただいて、仕事やレジャーの疲れを癒して下さいませ(^-^)

                  posted by: やまや若旦那 | やまや情報 | 09:41 | comments(2) | - |
                  ちょっとした事前告知です
                  0
                    今日はあまりの暑さにスタッフ部屋のエアコンがオーバーヒートして水が漏れました( ̄▽ ̄;)

                    さて、表題の事前告知ですが、念願だった[ある物 ]を導入する見込みとなりました。やまやとしては頑張りました!

                    お客様には喜んでいただけると思います!

                    準備が出来し次第ご報告しますね(^_^)

                    posted by: やまや若旦那 | やまや情報 | 16:31 | comments(0) | - |
                    猛暑見舞いにちょっと不思議な話でも(後編)
                    0
                      不思議な話の後編になります。前編を読まれてない方はお先にそちらをどうぞ(・ω・)っ茶~



                      そこには…。


                      白い玉砂利を踏みしめながら静々と歩を進めてくる平安衣装のような物を纏った人々の行列がありました。山岸先生の認識では少なくとも平安、南北朝時代あたりの公家か高貴な身分の行列に見えたそうです。


                      行列の先頭に黒い束帯姿の馬に跨った男、その後ろに白張姿が数名、御簾を降ろした牛車と御者、その後に白張姿がまた数名続いていました。

                      先生は今までの経験上、(これは人外のものだ)と直感しましたが、視線をその行列から剥がすことはできなかったそうです。
                      やがてその静やかな行列は先生の前を通り過ぎ、御所の暗がりへと吸い込まれるように消えていきました。

                      山岸先生がひどく現実味に乏しいその光景に立ち尽くしていた時でした。行列が来た方角から、先程より激しく玉砂利を蹴り散らしながら屈強な男達が駆けてきたのです。鎧兜を履き、手には刀や槍を持った侍の集団でした。走っているのにも関わらず鎧や刀の鞘の鳴る音はせず、ただ玉砂利を蹴る音だけが聴こえてくるのが異様だったそうです。



                      やがて侍の集団も暗がりへと駆け抜けたその刹那、御所の奥の方から人々の怒号や金属のぶつかり合う音、やがて勝鬨のような声が遠く響いてきたそうです。



                      暫くして我に返った山岸先生の目の前には閉ざされた御門があり、まるで何事もなかったかのように満月が鈍色の空に浮かんでいました…。



                      講義(?)の最後で山岸先生は「恐らくは時間と空間の歪みに迷い込んでしまったか、御所という土地が記憶している歴史を垣間見せられたのかもしれない」と言っていました。

                      京都という土地自体が、物の怪や怨霊の祟りを防ぐために呪術や風水を巡らせた「結界都市」であることは有名な話です。
                      もしかしたらその強力な結界故に、都から出て行けなくなった災いが層を成して、不思議な現象を引き寄せ、留め続けているのかもしれませんね…。
                      posted by: やまや若旦那 | YMR | 22:16 | comments(0) | - |